デリケートゾーン ケア 黒ずみ

気になるけど誰にも相談できない、デリケートゾーンの黒ずみ・・・。

 

 

新しい水着や下着をつけたとき、ふと足の付け根付近が薄黒くなっていることってありませんか・・・?

 

日本人はデリケートゾーンをナチュラルなまま放置をしている人が多いのですが、何もお手入れせずに、キレイでいられることは、ほぼありえません。

 

ケアをしてこそ、肌は応えてくれるのです。

 

 

でも、デリケートゾーンの黒ずみってどうやって治していけばいいのかなんて、正直よく分からないですよね。

 

しかも、恥ずかしくて親にはもちろん、仲のいい友人にも誰にも相談できないし・・・。

 

 

でも、諦めないでください!!まだ間に合います!!

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを薄くする方法はあります!

 

 

このページではデリケートゾーンの黒ずみに効果のある美白クリームについて詳しく書いていきたいと思います。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効くスキンケアグッズをお探しの方、「デリケートゾーンの黒ずみに効く美白クリームなんてあるの?」という方の参考になれば幸いです。

 

 

 

男性は意外としっかり見てます・・・。

 

 

 

CMなどで「デリケートゾーン」という単語が出るようになりイヤらしい意味もなく一般的にも広まってきましたが、「デリケートゾーン?何となく陰部付近のことかな?」程度の知識の方もいるのではないでしょうか?

 

 

この「デリケートゾーン」とは、正確には「VIOライン」のことを指します。

 

 

Vラインは下着があたる部分から股の毛が生えているV字型部分全般を指します。自分でも目に付きやすい箇所です。

 

Iラインは性器以外の股の間、Oラインは肛門周りです。アンダーヘアにあたる箇所で、粘膜部分はのぞきます。

 

 

美容サロンの広告などで、VIO脱毛という単語を見かけた人も多いのではないでしょうか。

 

今までは、VIO脱毛やデリケートゾーンのケアと言えば、グラビアアイドルやモデルなどの芸能人がするイメージが強かったのですが、ここ近年では取り扱うサロンが増えてきたため、一般の方にも広まってきました。

 

 

場所が場所なだけに隠すことは簡単ですが、ケアをすれば整ってきます。

 

それに男性から見て、デリケートゾーンが黒ずんでいる女性に対しての印象は「遊んでいそう・・・」、「不潔そう・・・」などとネガティブなものばかりなんですよね。

 

愛しい彼氏ができた時のためにも、今の彼氏に変な誤解をされないためにも、しっかりとケアを始めましょう!

 

 

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因とは・・・。

 

 

 

デリケートゾーンの環境というのは、常に下着やパンスト、ズボンなどが密着し、蒸れやすくあります。

 

その上、圧迫された状態で動くので衣類の刺激をずっと受けています。肌は刺激を受けると保護するためにメラニンを生成します。

 

メラニンと言うと、紫外線を受けると出ると思われますが、摩擦などの外的刺激全てに対して出ます。

 

メラニンは黒いのですが、正常にターンオーバーしていれば、色素沈着する前に古い角質と一緒にはがれ落ちるので、黒ずみません。真っ黒に日焼けした子供にシミや黒ずみがないのは、新陳代謝が活発だからです。

 

しかし年齢を重ねるごとに、水分も油分も少なくなるため、肌バリア機能が落ち、刺激に対して弱くなり、すぐにメラニンを作りだしてしまうのです。

 

 

 

日ごろのケアが大事!デリケートゾーンのケアには専用の美白クリームがオススメな訳とは!?

 

 

 

デリケートゾーンは、黒ずみが気になっても、エステやクリニックなどへは相談しにくい部位です。セルフケアで解決できるならば、そちらの方が絶対に良いですよね。

 

それにスキンケアにも言えますが、スペシャルケアを一回するよりも、毎日のケアを積み上げていく方が、断然早くキレイになります。

 

デリケートゾーンは粘膜近くにある非常に敏感な部位です。ですから使うクリームは専用のものを選びましょう。

 

 

 

絶対失敗しないデリケートゾーン専用の美白クリームの選び方!

 

専用の美白クリームの選び方のポイントは3つあります。

 

1. 低刺激で肌あたりの優しいもの

 

2. 開封した後、酸化にしくい構造のもの。もしくは1.2ヶ月で使い切れる量であること

 

3. 保湿・美白成分が配合されているもの

 

2番について補足説明しますと、化粧品であれ、食べ物であれ、空気中に触れると、その時点で酸化が始まります。

 

また指で触れるだけで雑菌や皮脂などが入り、品質を劣化させます。化粧品はこれらの雑菌や酸化から守るために、防腐剤を入れるのですが、防腐剤は肌への刺激が強いものが多いというデメリットがあります。

 

今からご紹介する美白クリームは、これらの繊細な状態を分かった上で開発されたものばかりです。さらに実際にデリケートゾーンの黒ずみにお悩みだった方が使用して口コミ評価の高いものを厳選して集めましたので是非ご参考にしてください!

 

 

 

オススメのデリケートゾーン専用の美白クリームTOP3!

 

イビサクリーム

 

 

価格 7,000円(税別)
評価 ★★★★★
備考 定期コースだと30%オフの4,970円。更にクレジット決済だと500円オフの4,570円。送料無料。

 

VIO脱毛サロン現場でのリアルな声を受けて、専門チームが開発した美白クリームです。

 

美白成分としてはメラニンの生成を抑制する効果があるトラネキサム酸と肌荒れや抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kの2つの薬用成分を配合しています。さらに天然由来の4つの植物成分、ヒアルロン酸などの8種類の保湿成分を配合しています。

 

赤ちゃんにも使用できるほどの低刺激処方です。

 

 

 

 

>>詳細情報はコチラ

 

 

ヴィエルホワイト

 

 

価格 9,960円(税別)
評価 ★★★★☆
備考 定期コースだと初回は980円。2回目以降は53%オフの4,770円。送料無料。

 

皮膚科に行っても治らなかったかゆみが収まったなど、黒ずみだけでなく、乾燥によるムズムズにも効果があると、口コミ評価が高い美白クリームです。

 

トラネキサム酸などの美白成分、トリプルヒアルロン酸をはじめとした保湿成分など14種類の美容成分が、リポソーム化したカンゾウ葉エキスによって、角質層深くまで運ばれて、メラノサイトに働きかけます。ティーツリーアロマ配合なのでニオイケアも可能です。

 

半透明ボトルのプッシュ式なので、使用状況が分かりやすくて衛生的です。

 

 

 

 

>>詳細情報はコチラ

 

 

ホスピピュア

 

 

価格 9,000円(税別)
評価 ★★★☆☆
備考 定期コース約39%オフの5,500円で送料無料。

 

共同開発に携わった湘南美容外科クリニックが、ブランド名をかけて「実感できる」を目指して作った美白クリームです。

 

楽天リサーチにおいても、医療関係者が使って最もよかったと感じたシミ・黒ずみケア商品部門で、堂々の1位を獲得しています。人工的な生成した美白成分を使用せず、天然由来の成分をできるだけ活用した低刺激処方で、無理なく自然に改善へと導きます。

 

美白成分にはトラネキサム酸を採用。メラニンを生成するメラノサイト刺激因子の働きを阻止します。さらには保湿成分にもこだわり、スクラワンは内側から、シアバターが外側から働きかけるので、潤いを保ちます。エアレスポンプ式なので、空気に触れることなく最後まで使い切れます。

 

 

 

 

>>詳細情報はコチラ

 

 

 

まとめ

 

デリケートゾーンケアは日本ではまだそこまで一般化してないですが、欧米ではエチケットのように当たり前に行われいます。

 

自身のデリケートゾーンのことを気になり始めたのは、それだけ美意識が高いからこそです。

 

恥ずかしがらずに美肌への道を踏み出しましょう^^

 

そのまま放置しておくとさらに黒ずみが進行してしまうことも考えられます・・・。

 

 

ですが、上述しているデリケートゾーンの黒ずみ用の美白ケアクリームを使用すれば、ターンオーバー(お肌の生まれ変わる周期)を促進させることで少しずつですが黒ずみは改善されていきます。

 

ご紹介した3商品ともおすすめばかりですので、ご自身に合ったものを選んでいただくのがよろしいかと思います。

 

 

それでもまだお迷いのあなたには、わたしは「イビサクリーム」を一番におすすめします。

 

 

豊潤な美容成分ももちろんですが、その他の配合成分も充実しているのに続けやすい価格ですし、安全性への配慮もきちんとされているので、安心して毎日使用することができます。

 

それに、なんといっても、サポートが充実しているのが最大の魅力だと思います。

 

配合成分、価格、続けやすさ、口コミでの評判、サポートなども含めてトータルで考えるなら、「イビサクリーム」がダントツの1位です!

 

今ならお得なキャンペーン中ですので是非チェックしてみてください!